spacer ITEM

ものはら

青磁コレクション

1630~1650年、長崎県波佐見。国内の富裕層に青磁の高級磁器を生産していた時代のことを「青磁時代」と呼びます。
茶会で使用する食器やインテリアとして、陽刻や印刻など細かな細工が施された美しい青磁磁器が作られ、大名や家老屋敷、寺社など裕福な人々に重宝されました。SEIJI Collectionでは「青磁時代」の茶室にあるインテリアをテーマにコレクションを展開。商品の表面には、上絵の顔料で着色された石膏が施されており、波佐見町の登り窯跡の“ものはら”から出土した、江戸初期の「三股青磁(みつのまたせいじ)」の色合いをイメージしています。石膏を剥がしていくと内側から鉄のような磁器肌が現れ、まるで発掘をしているような感覚を味わえます。