spacer ITEM

馬場商店 > 蕎麦猪口大事典

そば猪口 色釉/渋結晶

焼成後窯が冷え、釉薬が液体から固体に変化する途中で釉薬の中の金属などが寄り集まり、結晶化する窯変結晶釉を使用しています。独特の質感や釉薬の表情があります。

Color

白 | 黒 | 青銅 | 褐色 | 金泥

Price
¥ 1,500
Size

φ8.3×h6.2 / 170cc

Material

陶器

Maker

光春窯

Made In

波佐見

注意事項
電子レンジ・食洗機、使用可能です。変化のある釉薬を使用している為、商品に個体差があります。

馬場商店

蕎麦猪口大事典

「蕎麦猪口(そばちょこ)」と呼ばれ、四〇〇年前から現代まで、その形をほぼ変えることなく親しまれている台形型の器の原点は、肥前国(佐賀県・長崎県)で生産され、伊万里港から全国に出荷していた伊万里焼といわれています。

そばちょこの本来の用途は蕎麦を食べるものではなく、祝儀や会席の膳で、刺身、和え物、塩辛などを盛って出す小鉢(向付)でしたが、江戸時代に入り庶民の間で蕎麦屋が大流行。そばちょこは蕎麦のツユ入れの他、蕎麦前と呼ばれる食前酒の盃としても使用され、全国津々浦々に流通し、瞬く間に広がっていきました。
そして、流行や文化を反映した膨大な数のデザインが生みだされていったのです。

馬場商店の商品は、長崎県東彼杵郡波佐見町で作られています。
私たちは、波佐見焼の産地が得意とする多様な技法を活かし、小さな器の中に職人の技とカルチャーをつめこんで、バラエティー豊かなそばちょこをお届けしています。